脱毛ラボはきちんとクーリングオフできるのか?

9月 26th, 2017

脱毛ラボでクーリングオフをすることはできる?

脱毛ラボは非常に有名な全身脱毛サロンなのですが、仮に気が変わったり事情があって通うことができなくなったりしたらきちんとクーリングオフをすることができるのでしょうか。クーリングオフというのは法律で決まっているので、脱毛ラボであってもきちんとクーリングオフは可能です。ただ、それには条件があるので条件を満たしているかどうかが大事です。条件というのは、契約額が5万円以上で契約してから8日以内、そして1ヶ月以上の契約をしていることです。この3つの条件を満たしていることで、脱毛ラボでクーリングオフをすることができます。逆に言えば、クーリングオフできないのは契約してから8日経過してからになるので、例えば初回の脱毛が遅くなるとクーリングオフができないことになるのでその点はしっかりと確認するといいでしょう。

脱毛ラボでクーリングオフするための方法

では、実際に脱毛ラボでクーリングオフするためにはどうすればいいのでしょうか。まずはコールセンターに連絡してから、クーリングオフしたいことを伝えるようにしてください。もしくは、契約した店舗に連絡しても大丈夫です。その後に必要事項を書類に漏れ無く書き込むようにして、内容を確認してからスタッフに渡せば完了です。郵送でもいいのですが、直接店舗に通ってクーリングオフすることも可能です。脱毛ラボは正月以外であればオープンしているので、クーリングオフできないということはあまりありませんが、年末に契約したときには注意しましょう。また、店舗に通ってクーリングオフするときには、印鑑や返金用の口座情報が必要になるので当日は忘れないようにすることが大事です。クーリングオフの手続きが完了すれば、だいたい2週間くらいで指定口座に返金されます。

脱毛ラボはクーリングオフがきちんとできる

クーリングオフというのは法律で設定されている制度なので条件さえ満たせばきちんとクーリングオフは可能です。しかし、脱毛サロンの中にはなかなか解約に応じてくれないようなサロンもあるので、そのときには弁護士に相談するといいでしょう。ただ、そのような手間をかけるのは非常に面倒なので、結局のところ最初から脱毛ラボのような一流脱毛サロンで契約すれば問題なくクーリングオフによって解約できるので、いくら安いからといって無名の脱毛サロンに通うのではなくて、最初から脱毛ラボに通うようにすれば安心だということです。

関連ページ:脱毛ラボ鹿児島店の脱毛技術は非常に高いと話題に

Comments are closed.